日本酒専門店 さくら酒店

さくら酒店TOPページ
Blog日本酒王子のマリアージュ
株式会社さくら酒店本社 : 東京都墨田区東駒形4-15-8-102TEL/FAX:03-6658-5639事業所 : 岐阜県大垣市開発町3-183TEL/FAX:0584-74-7812
ヤフーショッピング さくら酒店オンラインショッピング アマゾン さくら酒店オンラインショッピング
飲食店様向け
さくら酒店はご飲食店様1軒1軒と真摯に向き合い、
お店のスタッフ様とお客様が日本酒を通して幸せになっていただけるよう
様々なご提案をいたします。

お取引希望のご飲食店様は こちら よりお問い合わせください。
  • マイナス5℃の冷蔵倉庫

    マイナス5℃の冷蔵倉庫

  • マリアージュのご提案

    マリアージュのご提案

  • 日本酒の会

    日本酒の会

お取引のメリット

  • 日本酒の説明書 SAKEシート を各商品にお付けします

    ただお酒をお届けするのではなく、そのお酒の背景にあるストーリー(商品説明はもちろん、蔵元の想い、味わいのタイプ、お料理との相性、おすすめの温度帯や酒器など)が書かれた「SAKEシート」と呼ばれる日本酒の説明書を商品ごとに作成し、お届けします。これを見ればお酒に詳しくないアルバイトさんも日本酒を語れます!
    ➡ 日本酒のオーダーが増え、売上アップに直結します

    ≪見本:SAKEシート≫

  • メニューPOP の作成もお手伝いします

    新しい商品を仕入れた時に面倒なのがメニューの作成。
    お任せください! 画像・コメントつきで丁寧にお作りします。

    ≪見本:メニュー≫

  • マリアージュ (お料理とお酒のペアリング)のご提案

    日本酒は食中酒。お料理との相性を見極めることで、お客様にもっと楽しく知的な食体験をご提供できます。感動を与えられるお店はお客様のリピート率が上がり、口コミも広がります。(売上=単価×お客様の数×来店頻度です。)あなたのお店の料理に合う最適な日本酒をお選びし、合わせ方のアドバイス等もさせていただきます。スタッフの皆様との試食・試飲会も承ります。

  • イベント も承ります

    蔵元さまをお呼びする会もそれはそれで素敵ですが、その蔵のお酒ばかりになってしまうというデメリットも。さくら酒店がコーディネートする会は、様々なタイプのお酒をお料理1品1品に合わせるので刺激的。合わせ方も独創的。遊び心を随所に盛り込み、飽きさせません!

    Facebookイベントページへ

  • ミシュラン星付き店 や大人気繁盛店にもご利用頂いています

    こだわりの日本酒専門店はもちろん、ミシュランガイド掲載店や全国・海外に展開する有名店まで、ジャンルも和食、フレンチ、イタリアン、中華と幅広いお店にご利用頂いています。

    お取引先様からのレビューをみる

  • 輸出 もお任せください

    海外出店やお知り合いの海外ビジネスなど、まずは何でもご相談ください。
    美味しい日本酒を世界に広めるお手伝いをさせていただきます!

お取引概要

配送エリア 全国(即日発送) 
※海外は別途ご相談ください
自社配達エリア 岐阜・名古屋(週に2回ほど)
ご注文方法 FAX、TEL、Eメール、インフォマートなど
受注締め切り 月曜~土曜 15時 → 当日出荷(最短で翌日午前着)
※日曜・祭日の受注分は翌営業日に出荷いたします
お支払い方法 代金引換、銀行振込
取り扱い商品 こちらよりダウンロードいただけます
※パスワードが必要です
お取引までの流れ お問い合わせページよりご連絡ください
弊社担当よりご返信させていただきます

お客様の声

  • 俺の割烹 博多中洲 さま (福岡)

    「アフターフォローのしっかりした飲食店に親切な酒屋さん。 さくら酒店さんとは昨年よりお取引させて頂いております。何より驚いたのが、毎月必ずお薦めのアイテムの紹介があり、仕入れた後にも必ずSAKEシートというそのアイテムの特徴や楽しみ方などが詳しく書かれた説明書を頂けること。営業の方もとても親切で一生懸命。販売する飲食店においても、それを注文するお客様においても、とても親切な対応をして頂けるのがとても嬉しいです。 お客様から「日本酒は難しい」というお言葉をよく聞きます。さくら酒店さんのような親切な酒屋さんがいてくれると、もっと蔵元と消費者との距離が近くなると実感しています。」

  • 和彩厨房KATURA さま (大阪)

    「料理とお酒のマリアージュを勉強させて頂いたことも良かったですが、何よりもスタッフが一つの場所に集って、みんなでKATURAのことを語る機会を作っていただいたこと。しかも近藤さんのような熱い方の話を聞きながらKATURAをもっとこんな店にしていきたいということを自分たちの言葉にして表現するというのはとても貴重な時間でした。何よりも大切なのはスタッフ全員が同じ方向を向いて進むこと。その手伝いをしていただきました。」